君がそうやって笑うから。

─別に友達がいないわけではない。自分が友達と思っている相手は少ないが数人はいる。相手がどう思っているかは別として。だけど、どこかで満たされない自分がいた。 趣味や好きなことや色々なことを吐き出してみても、どこかにぽっかりと空いた穴から全て流れ出てしまう。

──「だって、俺ら友達だろ?」

と言って笑った君。……そんな君の言葉に救われ。そんな君の言葉に殺され。そんな君に恋をして。そんな君を恨んだ。


──────『君がそうやって笑うから。』




不定期更新
24hポイント 21pt
小説 27,158 位 / 140,425件 BL 5,726 位 / 15,884件