不幸委員会より、不幸なきみへ


『不幸委員会』。

全校生徒のなかから、成績や生活態度の芳しくない1人が選ばれる。

なぜそんな制度があるのかは誰も知らない。
誰が選ばれたとしても文句は言えない。

ただ選ばれた者は、全校の反面教師として生活を余儀なくされる。
テスト時以外は教室が変わり、学食も利用禁止に。その他さまざまな規制のもと暮らしていくことになる。


そして3年に一度の不幸委員会任命式、その当日。
主人公の天川が耳にした名前は、驚きのものだった。

今回の不幸委員会に任命された名前は『隠坂礼奈』。

主人公・天川と少し変わった出会いをし、言葉を交わすようになった、数少ない異性であった。


これは、天川にとってかけがえのない思い出となる、1年の恋模様。

ちょっと特殊な高校生活、その裏に隠された彼女のヒミツに触れたとき、天川は何を思うのか────
24hポイント 14pt
小説 16,857 位 / 64,228件 恋愛 5,526 位 / 16,136件