あなたの運命の相手は私ではありませんでした…

 サウザンド王国のシステイン・ガウレット公爵令嬢は国同士の同盟の為、隣国シューバッハ国のマーゴット公爵令息カイザーと婚約することになった。

 だが、初の顔合わせでカイザーはシステインに

 「私には愛し合っている女性がいる。君を愛することはない。この結婚は王命で国同士の同盟によるものだ。3年経ったら君とは離縁するつもりだからそのつもりでいてくれ。勿論、閨も共にしない」

 そう告げたのだ。

 3ヶ月後に侍女二人と護衛騎士一人を連れて、システインはカイザー・マーゴットに嫁ぐことになるのだが、彼が語る愛する女性マリウェザーの言動には何処か違和感がある事にシステインは気付きつつも三年の月日が経ったのだった。

 遂に離婚の日が来てしまい。システインは約束通り離縁することになったのだが、その帰途中にシステインは、馬車ごと転落死してしまったのだが、次に目覚めると夫カイザーとの顔合わせの儀に戻っていた。

 しかし、夫の様子が以前と違う事にシステインは戸惑うのだった。

 
24hポイント 553pt
小説 2,735 位 / 148,209件 恋愛 1,369 位 / 46,667件