上 下
3 / 70

02 どこかの森★

しおりを挟む
2017.05.30 [見直し作業]
見直し作業に入ります。修正内容については別に一括で表示する予定です。
┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ ┼ 

 

 
   鬱蒼とした森、そこかしこでいろんな音や鳴き声が聞こえる。ここはどこだろう?

   雪音や牧野はどうなったんだろうか?
   突き落とされたのは俺だけか、そうだと思いたい。

   光で何も見えなくなった時、

   ドンッ    という衝撃、掴んでいた雪音の手を咄嗟に離してしまった。いや離して正解だったと思う。落ちるタイミングがずれれば違う場所に落とされたと思う。

   多分、いや絶対俺は勇真に突き飛ばされたのだ。
   【神】と名のった者が『陣から出るな』『どこに落とされるか我にも解らぬ』と言ったのに、勇真を警戒しなかった俺が間抜けだったと思うしかない。2人が無事である事をこの時ばかりは【神】に祈る。         
   無神論者の俺だが、実際に会い(ぼんやりとした白い影だったが会ったと言えるのか)言葉を交わし力をくれた(はず)、効果があると思いたい。

   さて、まずは貰った力とやらを確認、ここは俺が願った力に尋ねてみる。

「ナビゲーター、自分の力の確認方法を教えてくれ」

『イエス、マスター。◼ ◼ ◼ ◼ にアクセスします。◼ ◼ ◼ ◼に該当する情報を見つけました。
   この世界には【ステータス】が存在し《ステータスオープン》と唱える、もしくは思考する事で確認することができます。
 マスター、ナビゲーターへの問いかけは音声に出さず思考のみでも可能です』

   俺の問いかけに、リンゴ社のSi◯iのようなボイスが頭の中に響いた。

   俺が望んだ力、それはこの世界の情報を教えてくれる《ナビゲーター》だ。
   解らない、知らないという知識不足によりなんでもないことが危機に変わってしまうことがある。
   そしてこのナビゲーター、使い方によっては無敵(のはず)。俺はラノベやネット小説はそれなりに読んでいるのだ。
   そしてきっと勇真なんかは《強奪》あたりを願ったはず。まあそれは今は置いておこう。

「《ステータスオープン》」

   おお、目の前にシースルーのモニターのような物がポップアップした。



名前   フブキ・アマサカ
年齢   17歳
種族   異世界人
レベル   1
職業   学生

HP:110/110(100+10)
MP:110/110(100+10)

STR(筋力)    110(100+10)
DEF(防御力) 110(100+10)
VIT(生命力)   110(100+10)
DEX(器用さ)   110(100+10)
AGI(敏捷性)   110(100+10)
MND(精神力)   110(100+10)
INT(知力)      110(100+10)
LUK(幸運)      110(100+10)

【加護スキル】
《アイテムボックス(時間停止機能追加)LV1》《パラメーター補正LV1》

【称号スキル】
《言語理解LV1》《取得経験値補正LV1》《使用MP減少LV1》《スキル習得難易度低下LVMAX》

【ユニークスキル】
《ナビゲーター LV1》《コピーLV1》

【加護】
異世界神の加護 [特殊スキルの付与、スキル習得難易度低下のレベルカンスト]

【称号】
異世界より召喚されし者[言語理解スキル付与]
落とされた者[特殊スキルの付与、便利アイテムプレゼント]
 

   あれ、ユニークスキルが2つある、1つじゃなかったのかな。
   ナビゲーター、ユニークスキルについて説明してくれ。

『イエス、マスター。【ユニークスキル】とは個人が持つ特殊なスキルであり、習得条件が不明、コピーすることも不可能なスキルです。
   マスターのユニークスキルは【神】と名乗られた異世界神より付与されたものです。
   ユニークスキル《ナビゲーター》について、◼ ◼ ◼ ◼にアクセスすることでこの世界【グラゼア】の情報を得ることができます、ただしレベルによりアクセス制限があります。
   ユニークスキル《コピー》について、有相無相にかかわらずありとあらゆるものを複写できます。ただしレベルにより制限あり、レベル1で《コピー》可能なものは手にしている物体のみです』

   へえ、便利なスキルだ。ついでに他も調べておこう。ナビゲーター、加護と称号について教えてくれ。

『イエス、マスター。【加護】とは高次元の存在が与える力、能力のことです。
   《異世界神の加護》は異世界神が自身の世界の住人が本人の意思以外の理由で界を越えた時あたえられることがあるものです。加護の内容は神により決定されます。
   マスターの場合、アイテムボックス、各種パラメーター補正などがそれにあたります。
  【称号】とは特殊条件をクリアすることで得るもので称号により様々な効果があります。
   《異世界より召喚されし者》は世界の壁を通過した者にこの世界の神が与えた称号です。《言語理解》のスキルが付与されています。
   《落とされた者》は《落とした者》に与える加護を《落とされた者》に与えることで《異世界神の加護》がより強力で効果の高いものとなっています。《使用MP減少》《取得経験値補正》《スキル習得難易度の低下》がこの称号により付与され《異世界神の加護 2》により《スキル習得難易度の低下》のレベルがMAXとなっています』

   え?《落とした者》の加護を俺が貰ったってことか?と言うことは勇真は加護が無いって事か、ざまぁだな。でも【神】は俺たちの行動を把握しているって事か?滅多なことはできないな。


━━ これはフブキの思い込みであるが、この思い込みが今後のフブキの行動指針になる。【神】はあの空間で起こったことは把握しているが、異世界までは把握できない。そして一度与えた力を取り上げることは異世界に行ってしまった後では困難である。

   とりあえずはこんなもんか、さてここが俺の想像通りの異世界なら当然魔物が襲ってくるんだろうな。何か武器になりそうな物探さないと。
   そういえば所持品って、アイテムボックスの中何か入っているんだろうか。

   ナビゲーター、アイテムボックスってどうやって使うんだ?

『イエス、マスター。〈アイテムリストオープン〉と唱える、もしくは思考することでボックス内のリストが表示されます。
   さらにリストをタップすることでその内容、説明が表示されます。
   リスト内のアイテムを取り出したいと思うことで取り出せます。
   また手に触れた状態で《アイテム収納》と唱える、もしくは思考することでボックス内に収容できます。
   個数はレベル上昇により増加します。なお、マスターのアイテムボックスは《異世界神の加護 》によりボックス内では時間が停止します』

   時間が停止ってラノベなんかじゃチートなやつだよな。中身調べておくか。

「〈アイテムリストオープン〉」

・通学カバン
・携帯食10食セット
・サバイバル生活10点セット








   通学カバンって俺が今日登校する時持ってたやつか。取り出してみると愛用品のデカいカバンだ。
   靴箱は鍵がないのでイタズラされないようカバンに入れてある。
   今の上履き以外にスニーカーがあってよかった。
   今日は体育もあったので体操着のジャージ一式もある。
   あとはノートと筆箱。お袋が作ってくれた弁当にペットボトルのお茶。
   教科書は以前教室の鍵付きロッカーに入れていたが鍵が壊されてボロボロにされたんで俺は教科書は図書室で借りているので持っていない。
   それとスマホにソーラー充電器、親父がくれた十徳ナイフ。うん、朝用意したもの全部揃ってた。サンキュー【神】様。

   十徳ナイフをズボンのポケットに入れておく。他の見覚えないのはなんだろう?

『イエス、マスター。《携帯食》と《サバイバル生活10点セット》は《異世界神の加護》により補填されました』

   うおっと、呼んでなくても教えてくれるんだ。

『イエス、マスター。《ナビゲーター》の機能は随時型、呼応型、機能停止とセレクトできます』

   今は色々教えてもらわないといけないので随時型で。

『イエス、マスター』

   心なしか嬉しそうに聞こえるが、気のせいか。

   一旦カバンをしまい携帯食を1つ出す。
   何かの葉っぱに包まれている茶色い固そうなパンとジャーキー、干し肉ってやつか。そして見たことのない干し果物。多分この3種類で必要な栄養素がとれるんだろうな。

『イエス、マスター。ビタンの実は各種栄養素、食物繊維が豊富な食品です』

   ちょっと齧ってみる。

「すっぱぁっ」

   ムチャすっぺえぞコレ。

『イエス、マスター。ビタンの実は乾燥する事で甘味が抜け酸味が増します』

   くっ、今日はお袋の弁当食べよう。携帯食をアイテムボックスに戻す。次はサバイバル生活10点セットをタップする。中身は…

・着火石2個
・結界石4個
・サバイバルナイフ
・調味料セット
・カトラリーセット
・シェラカップ
・スキレット
・ランタン
・シュラフ
・ワンポールテント

   なんだろう、この至れり尽くせり感は。これさえあれば野宿も安心だ。しかしこのアイテムボックス、多分LV1で入れられるのは10個なんだろうけど、カバンやセットに纏めると1個としてカウントされるんだ。ある意味無限じゃね?

   でもおかげでしばらくは生きていける用にしてくれてる、感謝だな。
   だが武器がない。調理道具があっても材料がない。

   ナビゲーター、周囲の飲食可能な物、それと危険物、及び危険生物の有無を調べられるか?




しおりを挟む