婚約者曰く、私は『誰にも必要とされない人間』だそうなので、公爵令嬢をやめて好きに生きさせてもらいます

今まで婚約者、立ち振る舞い、性格、趣味、生き方……全てを親や周りに決められてきた公爵令嬢・アリアネット。やりたかったこと、生き方――全てを押し殺し、他人の感情を読むことによって衝突を避けながら、公爵令嬢を演じてきたのに……。

ある日婚約者から向けられた言葉――。

「アリア?あいつは見た目が良いから婚約してやっただけ。アクセサリーみたいな?実際無個性で人に対する肯定ばかりだし、俺に言われるがままで、何されても反抗もしてこないんだぜ!役に立たないし、誰にも必要とされない人間ってああいうやつのこと言うんだぜ?本当、哀れな生き物だよなあ」

嫌われたくないから、自分を殺してまで嫌われない選択肢を選んできた。
けれどそれは無意味だったのだ。
全てが虚しくなったアリアネットは婚約破棄して、変わることを決意する。

******
・以前書いていた話ですが、間を置きすぎてプロットが気に食わなくなったので、改稿して連載にしています。
・かなりの長編になる予定なので、気が向いた時に投稿していきます。
24h.ポイント 362pt
小説 3,383 位 / 184,253件 恋愛 1,589 位 / 56,524件