組み敷いてもよろしいですか

幼い頃に前世の記憶を思い出した私。
幼い日に、誤って従兄を押し倒した瞬間、自分のなかで何かが目覚めた。
従兄の恥じらう姿をもっと見たい!そんな欲求が溢れて止まなかった。
それから目覚めた「性癖」は、変わることなく私のなかにある。
十五歳になった私は、どうにか自分の「性癖」を満たせないかと考えていたけれど、それには問題があって……。
「王女なのに、なんで私幽閉されているんだろう?」
24hポイント 35pt
小説 16,265 位 / 111,261件 恋愛 6,877 位 / 31,989件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!