上 下
2 / 61

プロローグ

しおりを挟む
「さぁ!今日こそノーダメで最短クリアするぞ!
フフフ……今日の為にメタ装備にアイテム等など揃えてきてるんだ。
噂のSランククリアで手に入る武器とスキル、今日こそ頂くぜ。」

俺の名前は、小嶋 心。
現役の高校生だ。とは言っても今日、と言うより今月は学校はない。
今は7月の上旬なのだが、何か学生、それも高校生と大学生のみに流行り出した新型のウイルスがあるとかで7月に入ってからずっと学校は休みだ。
部活はコンピュータ関連の部活に入っているのだが、
そのウイルスのせいで学校にも行けず、更には学校にも全ての学生が出入り禁止になっている為パソコンの中の製作中ゲームも作れない。外には出れない、
宿題も無くて、勉強するにも学校には行けず、教材は学校、部活もそのせいで無理、となるともう家出趣味に没頭するしかない。

と、いう訳で三年前からずっと続けているオンラインゲーム《荒廃した大地にて》をぶっ通しでプレイしているわけだが、
最近はやることが無い。ボスと呼ばれる魔王は倒した。最近はその高い持久力と、耐久性能、防御力を使って武器の熟練度上げをしている。
魔王を使って熟練度上げをするなんて俺くらいしか居ないのではなかろうか?
実はこのゲーム見事な初心者殺しが含まれていて、最近は新規のプレイヤーは少ない。
更にはアイテムのドロップが低確率すぎることやイベントのフラグの建て方が物凄くめんどくさい事から古参のプレイヤーも離れていっている。
俺は、イベントはほぼガン無視で、プレイに没頭。
ストーリーをガンガン進めて行ったのだが、魔王まで倒した所で止まった。
裏ボスと思われる神に挑戦したかったのだが、まだ解放されていなかった。
先月のアップデートでようやく解放されたのだが、これがまた面倒臭い。
七神と呼ばれる亜神を倒した後その元締めの神にやっと辿り着けるのだが、これが辿り着ける人が全く現れない。
亜神達は一神から七神までおり、名前は全く付いていない。
カーソルを合わせると名前は出てくるのだが、

――First God――

と言うように如何にも手抜き感満載な名前だ。
それで能力も手抜きだったのならお金稼ぎでハメまくってウハウハなのだが、これが実に厄介だ。
この神たち耐久や属耐、HPが異様に高く更にフィールドを埋め尽くすかのような範囲攻撃や範囲は狭いけども状態異常になる流星群、実にイヤラシイ攻撃を仕掛けてくる。
回復すればいいじゃないか。なんて言ってる奴は甘い。
魔王や神の空間は一切の回復魔法、回復アイテムを禁止されているのだ。
これは、回復は神の力を使うからうんぬんかんぬん……とかなんとか。
唯一使えるのは

アイテム名『神の雫』

これは神のアイテムということでお目こぼしを貰っているようだが、如何せん使いにくい。
効果は全てのステータスの全快状態異常の無効化、更には一時的にステータスの全てを1.5倍するのだが、これはインベントリに1個しか入れる事が出来ない。
ついでにレアで高い。
神の空間が出てからは更に高騰している。
俺は魔王ハメ殺し時代に使うかと思い、聖樹の化身というクエストを延々と回し続け、レアドロップで保管しまくっているから余り関係ないが、魔王ハメ殺しを思いついた時に死んでは困ると
溜めに溜めまくった物が死蔵されていたのだが、上手く使い道が見つかり良かった。
家のチェストならスタック保管できるため家には500個近くある。
『神の雫』のドロップ率は7%
どれだけ頑張ったか分かるものだろう。

で、今俺が挑んでいるのが、神の空間で神を倒す。
というものなのだが、運営はこのクエストを日曜日に1人2回までという制限を設けた。
よって攻略は難航していたのだが、ようやく俺や他のプレイヤーが三週目にしてクリアし始めた。
これは数々の情報交換の賜物だ。情報交換しながら運営の嫌がらせを
クリアする事で逆にギャフンと言わせてやろうと盛り上がったりしたものだ。
で、それから上位プレイヤーや上位パーティーがクリアし始めて2週間、
メタ方法が出回り始めクリア回数は1000を超えた。
ここで、疑問が俺達に生まれた。
出てこないのだ。
レアドロップが、神ならば絶対にあるだろうと言われた。レアドロップが、
更に運営が武器名だけ公開しているサイトにある表紙を飾る剣。

『時空剣 エアリ』

これが、出てこないのだ。
あとは運営がクエスト攻略でレアで出るというぶっ壊れスキル、
『神格発現』
これも神を倒したはずなのに手に入らない。
これはおかしいという事で攻略組が、検討を始めたみたいなのだが、これに関しては俺は見当がついていた。

ノーダメで一時間以内のクリアだ。

こんなイヤラシイステージで、タイム気にしてクリアしようとする変態なんて居ないし
ノーダメなんてフィールドを覆う範囲攻撃を唯一の安全場所である神の足元で避けつつ流星群を躱し更にはそれをサクッと仕留めてやる。
なんて普通無理だ。

しかし!俺は出来る!!!
魔王でハメ殺しした時に鍛え上げた片手長剣の熟練度は1000

レベルはカンストで自分に嵌められるスキルは攻撃とスピード系と回避等など、レベルがカンストしているので穴は7個ある。
そんな理由で装備の魔法付与も回避、攻撃に揃えて、防御力一切無視で来たところ。
何故か来れてしまった。

なんとかクリアしたのだ。
敵のウィークポイント、所謂弱点を確実に付きながらやったら1匹5分何故か神の耐久力が低くなっており、
簡単にクリア出来た。
残り25分。ここで時空神と呼ばれるこの世界の神と戦う。
ここもノーダメで行きたいが流石にキツイだろう。
何しろノーモーションで空中から槍が出現するのだ。高速で。
という訳でダメ元で挑戦した。

結果は、勝ってしまった。時空神は呆気なく開始十分で死んでしまった。
攻撃も何気に遅かったし………何かのバクだろうか?
とりあえずドロップを確かめてみるとあった。
『時空剣 エアリ』
『神格発現』

これは嬉しい。
あとで使ったり熟練度上げたりしよう。
だが無情にも俺が喜んでエアリを見ようとした瞬間それは起こった。

―――不正行為を発見した為、貴方のアカウントを永久凍結します。

「………は?」

俺はこの通知を見て十分固まった。
そりゃそうだ、総プレイ時間は1万時間をそろそろ越えるデータである。
これで不正行為をしたとか言われてデータ消されたらたまったもんじゃない。
そもそも不正行為を疑われる行為などしたことが………ない…はず。
いや、疑われるなら充分ありえる理由があるか、クリアさえ難しい神のエリアの隠しクリアだ。
俺は相当メタった為にクリア出来たかと思ったのだが、敵が妙に弱かった。
更には装備がドロップ率0.1%を下回る装備のオンパレードである。
お陰で見た目が凄い厨二臭くなっている。
これはパソコン越しに見ている俺でも他のプレイヤーに何か言われた時悶絶した。
元々この装備の数で疑われていたんだろう。
因みに見た目はこんな感じだ。

頭 黒い眼帯
胴 黒のコート
籠手
足 灰色のズボン
靴 軍靴

何故か足だけ軍用ブーツだが、スピード系と回避に専念してその上で魔法付与余剰が大量にあるやつ漁ってたらこんなのがあったので見た目ガン無視で組んでいざ来てみたらこんな暗殺者と言うか
傭兵に近い装備になったのである。
全て古代級装備である。
何故軍用装備が古代に生まれたとかそういう話はもうツッコムのは止めだ。
もはや七不思議の一つに数えられていることである。

さて、運営にメール送ろう!
これでBANとか有り得ん。
プレイ時間がチートですとか言われたら最早キレるレベルである。
それはオンラインゲームプレイヤーに喧嘩を売っていることになる。
さぁ!こい!運営!

―――あ~あ。ダメでした。
まさか誰も予想しないよね。
貴方のデータが重くてデータぶっ壊れましたって。
あー。もうこのゲームやんね。
止めだ止めだ!
こんな時はふて寝だふて寝。










――――だがやってしまうのがゲーマーの性である。
なんか最初の1日は無視して生活していたのだが、段々やりたくなって4日目にダウン。
おい、そこ!三日坊主とか言うんじゃない!
俺も分かってるから傷抉らないで!

そんな訳でやろうとしたら思い出した。
メタキャラじゃなくて正面から挑みたくて作ったサブキャラの存在を!
こいつは特殊なスキルは一切ない。
ただし全てのステータスがカンスト魔法も全て覚えている上カンストである。
このゲームで一番取りにくいスキル、
《オートリジェネ(万能)》
も取ってある。
クラスとしては『聖騎士』である。
剣は『聖剣』くっつけてあるし防具は『聖鎧』くっつけてる。
まぁこいつらは性能が高いのは皆さん知ってるが、あまり使おうとする人はいない。
何故か、
こいつら剣の方は武器欄と篭手を消費、防具は胴と足を消費する
更には魔法付与が全くできないという謎性能のお陰で誰も使わないのだ。
お陰で『聖剣』が忌避されて、ただの剣が推奨されるという謎状態になったのだ。
なので俺も魔法付与を得る為に白の帽子を被らせるという事をしているのだが、見た目壊れる上に
普通のやつより防御力とスピードは上がるが攻撃が0,7倍という謎現象に陥るのである。
上がると言っても1,1倍くらいで割に合わない。
まぁ聖魔法を覚えているので回復しまくって粘り勝ちという余り意味の無いキャラになったのだが、まぁそれでもレベルはMAXの200なので他のキャラよりは強い。
そんな訳でこのサブキャラ(女キャラ)
を育てまくって遊んでいたのだが………

その日は、ゲーム開きっぱで昼寝していたのだ。そう!家で!
しかし目の前の状況はそうではない。
なんか石の壁見えるんだが、
更にだ!俺は動けないという……
ちょっとよく見てみると水晶みたいなものの中に閉じ込められていた。
しおりを挟む