契約結婚のはずの侯爵様に溺愛されちゃってます!?

アリア・ユーグ・ヴィリアーズ侯爵夫人は思い出した。
ここが少女漫画『私が光の聖女と分かった途端、家族が掌を返したきたけれどもう遅いです!』の世界であり――自分がヒロインに復讐される悪女ポジションであることを!

「しょ、処刑されないために全力で原作の流れを変えないと! っていうかそもそもこんな可愛い女の子をいじめるなんて無理ですし!? ……え。あの、侯爵様? わ、私と貴方は契約結婚であって、お互いに気持ちのない結婚だったのでは……?」
24hポイント 14pt
小説 21,748 位 / 105,456件 恋愛 9,321 位 / 29,721件