「あなたが恋をしている青い瞳の美少女は、たぶん、影の薄い私です。」のコンテンツを見ている人は他に…

銃好きの結城アタル、彼は社会人三年目。 しかし、彼はひょんなことからその命を失ってしまった。 目覚めた先で待つのは神。神が求めるのは異世界に一石を投じること。 それを好きなように戦っていいと判断したアタルは一つの武器と能力を求める。 彼が求めたのは、スナイパーライフルという武器。そして、それに適した弾丸を製造できるという能力。 神が与えたのは、それに加えて魔眼とよばれる特殊な眼の力。 ただ弾丸を製造するだけの能力。だが、これは多くの可能性を秘めた能力だった。 愛銃とその能力で異世界をアタルが無双する。
24hポイント 6,690pt
小説 11 位 / 18,811件 ファンタジー 10 位 / 7,114件
女神の化身、現人神である《月の乙女》として、デュマは国民から崇められている。あらゆる傷や病を癒し、災いを退け、幸福をもたらす聖女であると。世間から隔離され、神殿で生活するデュマは、信仰の対象であるがゆえに、外を出歩くことも許されない。この軟禁状態から逃れたいと思うものの、聖女を辞めたければ処女を捨てるしかない、挙句、齢六〇を過ぎた国王の妻にならなければならないと言われ、デュマは神殿から逃げ出すのだが……。
24hポイント 32pt
小説 916 位 / 18,811件 恋愛 319 位 / 4,996件
恋愛 連載中 長編
多少の誤算はあったものの、8年にもわたる王子妃候補者の役目を無事に終えた私の足取りは軽かった。それは結婚相手が見つかるまでの間は『ハリンストン家の迷惑にならなければ何をしてもいい』とのお父様との約束があるからだ。僅かな時間とはいえ、『窓際の白百合』なんて大層なあだ名から解放され、その時間を存分に楽しむことにした。まず初めはずっと食べたかった城下町のクレープを食べに行くことに。早速、以前から目を付けていた城下町のクレープ屋さんへと向かい、妹のミランダの分を持ち帰り用に包んでもらう。そして自分の分はその場で食べようとするが……。
24hポイント 54pt
小説 608 位 / 18,811件 恋愛 198 位 / 4,996件
恋愛 連載中 長編 R18
「お前がこのマリエラにしたことはわかっているのだ!私は断じてお前のような女とは結婚しない!私、ヘルト・アルバッハは今この場でメリッサ・ドヴァンとの婚約破棄を宣言する。気味の悪い魔女め!」 変わり者と評判の伯爵令嬢メリッサはとある夜会のさなか、婚約者に婚約破棄を告げられる。 第三王子である婚約者の隣には家族の中で唯一自分の味方であったはずの妹の姿があって……。 10話付近までは短編版とほぼ同じです。 3/7 本編完結しました。 8/2 新婚旅行編はじめました。
24hポイント 759pt
小説 1,137 位 / 43,125件 恋愛 444 位 / 10,465件
文字数 168,110 最終更新日 2018.10.06 登録日 2017.11.11
I
異世界へ来て早5年。流されやすい主人公が、それなりに主張しつつ頑張ってます。
24hポイント 171pt
小説 243 位 / 18,811件 ファンタジー 149 位 / 7,114件
恋愛 完結 長編 R18
「魔女の手」を持つタニアは、ある日砂浜で行き倒れていた男を拾う。彼は、海での縄張り争いに敗れて地上に逃れた海竜だった。
24hポイント 5pt
小説 2,604 位 / 18,811件 恋愛 1,070 位 / 4,996件
恋愛 連載中 長編
誤字脱字や、文章のおかしいところなども有ると思いますが、リハビリ兼ねて制約無しのご都合主義で万進します。 勿論、主人公も唯我独尊で行こうと思っています。 すみません、まだ精神が脆弱な状態の為、感想は閉めてあります。
24hポイント 7,675pt
小説 192 位 / 43,125件 恋愛 75 位 / 10,465件
文字数 151,800 最終更新日 2019.03.25 登録日 2018.08.31
恋愛 連載中 長編
絶世の美女と謳われた亡き母とうり二つの顔を持つ王女シルビア。父王に愛されず、継母の嫌がらせに耐える日々を送っている。ある時、その美貌を見初められ、隣国の王子に求婚されるが、そのことを快く思わない継母によって、城から追い出されてしまう。しかし全ては計画通り。祖父が残してくれた庭付き店舗で、のんびりハーブを育てながら、自由を謳歌する元王女の話。
24hポイント 822pt
小説 69 位 / 18,811件 恋愛 13 位 / 4,996件
恋愛 連載中 長編
癒しの巫女は10歳で測定される能力に応じて階級がある。能力は子へと引き継がれることが多いため、巫女たちは結婚し引退していく。下級巫女は、出会いの場として兵たちの駐屯地で15歳から働き始める。多くは20歳までに相手を見つけて引退していくのだが、ハナはすでに23歳。もうすぐ24歳の立派な「行き遅れ」だ。兵たちからも陰口をたたかれる毎日だ。しかし、当人のハナは結婚する気がないので気にしていない。毎日ぶっ倒れるまで癒し魔法を使っていたため、いつの間にか能力が上がったようなので、中級巫女レベルに達していたら、神殿に転職し神に嫁ごうと思っている。 のに、最近なぜか結婚させたい人とか増えてない?え?聖女の身代わりとか?え?ええ?ええええっ?
24hポイント 44,376pt
小説 26 位 / 43,125件 恋愛 12 位 / 10,465件
文字数 106,971 最終更新日 2019.03.25 登録日 2019.01.21
恋愛 連載中 長編
真実の愛(笑)とやらに目覚めたとかで、貴族の集まる公の場で王太子様に婚約破棄されたわたしは、エヴァンジェリスタ公爵令嬢のロクサーナと申します。 王太子様に愛する男爵令嬢をいじめたとかで難癖をつけられましたが論破。 しかし、聞くに堪えない酷い侮辱を受けたので、公爵家ともども王家を見限ることにしました。 その後、王太子様からわたしの元に書状がたくさん舞いこんできますが、もう関わりたくもないですし、そちらが困ろうが知ったことではありません。 どうぞ運命のお相手と存分に仲良くなさってくださいませ。
24hポイント 3,280pt
小説 376 位 / 43,125件 恋愛 140 位 / 10,465件
文字数 50,658 最終更新日 2019.02.03 登録日 2017.05.07