雲の上のボディーガード

『19歳で僕はこの世を去った。僕の身体が、そこにあった。そして、傍には泣き叫ぶ母と、号泣する父を家の外で、眺めながら、誓ったんだ。母を護る守護霊になるとね』

19歳の和の寿命が尽きた。両親の深い悲しみをしり、御先祖に促されて、地上から天界へと上がっていった。子孫達を護るために。
24hポイント 0pt
小説 53,402 位 / 53,402件 ファンタジー 17,526 位 / 17,526件