執事と人形と聡明なるレヴリ


 旦那様の御屋敷は、最早俺達使用人への嫌がらせかと思う程にだだっ広い。
 ついでに言うと、悪趣味だ。

 その上旦那様は無類の収集家で、絵だの壺だの像だの、屋敷には日に日に奇妙な物が増えていく。

 だからこそ、その日も。
 又自分が知らない内に、旦那様が傀儡を増やしたのか、と―― (本文一頁目から抜粋)




▼執事と少年を中心とした、異世界ファンタジーです。直接的な性描写は有りませんが、登場人物・世界観の設定上、念の為、同性愛や主従描写の苦手な方は閲覧をご遠慮戴くことをお勧めします。
24hポイント 0pt
小説 41,095 位 / 41,095件 ファンタジー 14,275 位 / 14,275件