気弱な令嬢ではありませんので、復縁も厄介事もお断りです

私、城野ありすは気が付いた時にはアリス・キュレルという子爵令嬢に転生していた。血の繋がらない弟の哲平も公爵家の次男に転生していたから、彼の力を借りつつ、彼女をいじめていた主犯格に復讐を終えたので、理不尽な理由で婚約破棄してきた元婚約者への復讐を、と思っていたら、なんの用意もしていない時に出会ってしまう。しかも「僕のために綺麗になったの?」なんて意味のわからない事を言われるはめに。んな訳ないでしょ。復縁なんて絶対にお断りだし、あんたは復讐対象者です。それだけでも忙しいのに、色んな奴がからんできて、さあ、どれから片付けますかね。
※拙作の「気弱な令嬢ではありませんので、やられた分はやり返します」の続編になるため、1話目は前作の続きからになります。
※設定はゆるめです。さらっと読んでやっていただけるとありがたいです。
本編30話と閑話1話で完結です。
他サイト様でも投稿しています。
24hポイント 1,029pt
小説 1,514 位 / 144,524件 恋愛 755 位 / 45,208件