Agnostic・Front

西暦2040年。石油資源を巡り中東で戦争が勃発する最中、謎の生命体が現れ人々を恐怖に陥れた。この生命体は「bloodclot」と命名され、この生命体は各地の戦場で個体が確認された。
それから5年後の日本、石油資源を巡る戦争に敗戦し、5つの国に領土を支配される。その中でも唯一独立を保った島があった。東京から数百マイル離れた巨大な無人島に作られた都市国家「凛月」である。しかし、凛月に突如、異界のゲートが開き、「bloodclot 」が侵攻してきた。
島内の私立高校、美影堂学園に通う高校生の一ノ瀬一騎は、ふとしたことから不死身の霊鬼と化し強大な魔力を得たことから政府や警察、国連、FBIなどに命を狙われる事になり、凛月は「不可知論の領域」もとい、特殊災害指定区域「Agnostic・Front」となる。一騎は自分を殺すために民間軍事会社「Stratford・On・Avon」から送られてきた少女、相模原楓と対立しつつも共に世界を救うことを決意する。
24hポイント 0pt
小説 73,861 位 / 73,861件 SF 2,385 位 / 2,385件