ストロベリー・ラブホリック

『実は俺、ハジメテだったんですよね』『……はい!?』
大手自動車メーカーの営業部で働く市子(いちこ)は仕事一筋でお客様第一。
恋愛から遠のく日々を送る中、ある朝、目が覚めると苦手意識のある後輩と同じベッドで寝ていた。
なかったことにして欲しいと告げる市子に『せっかくですから、この機会に俺のことを知ってください』と告げる一悟(いちご)。
そこから、ふたりの甘く曖昧な関係が始まる。

帰国子女で容姿端麗、アイドル顔負けだと入社当時から注目され営業成績も文句なしの彼が、どうして自分にかまうのか理解できない。
必死に先輩として年上の威厳を保とうとするものの、一悟に翻弄され徐々に彼に惹かれていく市子だが……。
24hポイント 0pt
小説 87,355 位 / 87,355件 恋愛 23,077 位 / 23,077件