金襴緞子の帯締めながら 花嫁御寮は何故泣くのだろ  父と母と私 解説


母は私に不自由な思いは一切させなかった。私と姉は高校生になってもごく普通の家庭だと思っていた。でも不思議なことはいくつかあった。でも誰もそれに触れることはなかった。結婚式の写真も一枚もなかった。



金襴緞子の帯しめながら
花嫁御寮は何故泣くのだろ

この童謡も母がよく歌っていた
貧しい家に生まれた母は結婚に憧れていた

母は父と結婚するのだが言うに言われぬ事情があった
花嫁姿の写真を私が目にする事は一度もなかった

いろいろな想いを抱えて歌っていたのだろう
私には知る由もなかった





母は私に不自由な思いは一切させなかった。私と姉は高校生になってもごく普通の家庭だと思っていた。でも不思議なことはいくつかあった。でも誰もそれに触れることはなかった。結婚式の写真も一枚もなかった。

 

24hポイント 0pt
小説 101,577 位 / 101,577件 現代文学 5,280 位 / 5,280件