だから私は貴方に嘘をつく

恋した事も落ちたこともない女の子___三春 凛は今年で高校の卒業を迎えた。

親友である齋藤 或華と共に県外の大学に進学をした。

或華は子リスを思わせるような可愛い女の子。
凛は人見知りをするため一見クールに見られがちな美人系の女の子。

大学の入学式に参加。

クラスの子達ともなんとか会話をすることに成功した。


無事にアルバイトも見つけて、凛の人生は順風満帆だった。




__しかし、出会ってしまったのだ。



運命の…人に。


「ちょっと!!私の未来の恋人に手を出さないでよ!悪役の分際で!!」


なんか変な女の子も加わって、物語は進む。


「私はヒロインなのよ!!」


「凛。この子ちょっと可笑しいからあっちに行こう。」


「或華、そんな直球に言っては相手が可哀想よ。」


「ちょっとちょっと!!あんた達!!ヒロインの私に向かって…これは虐めよ!!」



ちょっと変わった(?)お話…なのかな?

*****

恋を知らない女の子が恋に落ちて、その人とくっつきたいのに…なかなか思いが伝わらないストーリーです。

____皆さん、恋って落ちたことありますか?

恋って難しいですよね…。

この人たちの恋模様はどんなものなのか…。
少し、覗いて見ませんか?

勿論、ヒロインなんて無視してね?
_________

更新はのんびりやっていきますので、気長にお読み下さい。

24hポイント 7pt
小説 15,819 位 / 58,618件 恋愛 5,543 位 / 14,099件