花天月地

私-徳永京平は自己の過去と向き合いながら旅を続けていた。
旅の途中で出会った美しい女性と旅を続ける。
彼は知らなかった故郷の真実を知ることとなる。
24hポイント 0pt
小説 99,210 位 / 99,210件 ライト文芸 4,233 位 / 4,233件