煎れたての珈琲

父である康弘と複雑な関係を持つ豊川緋(ひいろ)は、高校生活を奮闘していた。緋は本性を隠していた。
女としてのズルさや子供の汚さ、そして純粋さも持ち合わせる。
思春期の揺れる感情と性について生々しく描いている。


*r18シーンはありませんが、少し過激なシーンがあります。
物語上必要なシーンなので非公開にはしてません。
24hポイント 0pt
小説 46,868 位 / 46,868件 キャラ文芸 1,257 位 / 1,257件