はじまりのえんぴつ〜どうやら素直じゃない私はバレないように甘えてみようと思います〜

前回のお話のあらすじ:衣玖(いく)まやは高校生。
背が周りより少し小さめだがそれを必死に見せないようにしながら頑張る女の子。

ある時一本の鉛筆をきっかけに自分のことを嫌っている(と思っていた)女の子、
甘風(あまかぜ)ふうみに声をかける。
そこで日頃抑えていた気持ちをぶつけてみたら彼女はまやのことが好きだったようでーー?


☆前回投稿した
はじまりのえんぴつ〜えんぴつを落としたら話したかったあの子に話しかけられました〜の後日談になります。

24hポイント 0pt
小説 84,751 位 / 84,751件 恋愛 22,575 位 / 22,575件