探偵なんかやってられるか!

とある地方都市の、さらに郊外にある小さな町の商店街で暮らす高校生、山城龍也は、幼なじみの安藤虎徹と、伊藤鷹司と共に少し退屈でなんでもない毎日過ごしている。ある日、駄菓子屋の老婆から「孫の様子がおかしい」と愚痴を聞かされる。その孫とは龍也が密かに想いを寄せているクラスメイトの黒田小夜子だった。
 三人は彼女の様子を探るべく探偵ごっこを始めるが……

知ったのは、淡い恋心にはヘビィすぎる秘密だった。
24hポイント 113pt
小説 8,190 位 / 111,313件 ライト文芸 151 位 / 4,837件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!