君はデリヘル

神田陽一、27歳。

高校時代の同級生に、久々に飲みに行こうと誘われた。
そしてほぼ強制的に、デリヘルを呼ぶことになったのだ。

家に帰り電話をかけると、15分ほどで来るとのこと。
彼女はいないが、別に欲求不満なわけではないので、なかなか気分は乗らない。
そしてインターホンが鳴り、ドアを開けると、そこにいたのは。


毎朝電車で見かける、女子高生だった。
24hポイント 0pt
小説 83,054 位 / 83,054件 恋愛 21,951 位 / 21,951件