劣等生な僕。

高校二年生の夏、相川 優人(あいかわ まさと)は自身の所属するPC部に毎日行っていた。
クラスで居づらさを感じている彼は、部活でも自分のレベルにあっていない「副部長」という役割に押しつぶされそうになっていた。友達も少ない、できることも少ない。そんな劣等感にまみれた優人。これは、そんな優人が生きようと決意する物語。


※自傷行為(過去形)で出てきます。

初投稿。

24hポイント 49pt
小説 7,836 位 / 55,739件 現代文学 107 位 / 2,298件