おふくろと俺の手すりの思い出

母親の体調が心配で病院へ連れていった主人公。
足腰が弱ってきた母親に階段の手すりに掴まるように助言するが、この助言は幼い頃に母親から言われた言葉だったことを思い出す。
主人公は母親のことを心配しているが、それ以上に母親は自分の事を心配してくれていることに気付く。
24hポイント 0pt
小説 48,573 位 / 48,573件 現代文学 1,846 位 / 1,846件