モノクロから色づく私の世界

女手一つで育ててくれた母親から再婚の話を聞いた中学二年生の速水哀音

母の再婚をきっかけに二つ年上の義兄となる基裕と、基裕と小学校からの幼なじみである柊介と出会う。

人を寄せ付けない雰囲気だけでなく

自分を守るための行動や言動する哀音

それ故に周りから距離を置かれてしまっており、どこか達観的な生き方をしてきたけれど二人の出会いで気持ちは少しずつ変わっていき、つまらない日々が色づいていく。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

※野いちごケータイ小説サイトにて『君が手を伸ばす先に私がいられたら』という題名で一時期掲載していました。その時から内容や名前が少し変わっています
24hポイント 0pt
小説 105,189 位 / 105,189件 恋愛 29,588 位 / 29,588件