和カフェ『ふなば』の楓太さん

卒論の題材を求めて岐阜の炎天下をさ迷っていた女子大生・小橋夢子(こばし・ゆめこ)

あわや熱中症で行き倒れかという夢子を助けてくれたのは、伊奈波神社界隈で和カフェを営む美青年・稲波楓太(いなば・ふうた)だった。

しかしこの楓太、どうやらただのイケメンというわけではないようで……

「何ですか!! この草がボサボサの坪庭!」
「いやぁ、手入れの仕方が分からなくて」
「足元はトイレにありそうな下駄だし!」
「これ、楽でいいんだよ」
「店のコップもロゴが剥げたような古物だし!」
「元手があんまりなくて、知り合いの居酒屋さんのお下がりなんだ」
「てかあの坪庭の燈籠の上にいる小さなおじいちゃんは何なんですかっ!?」
「あぁ、あの御方は、この店の常連さんだよ」
「!?」

このイケメン、ただのズボラさんなのか、それとも『ヒトならざるモノ』と関わる者なのか、それとも『ヒトならざるモノ』そのものなのか……

「僕、誰かにとっての『お稲荷さん』でいたいんだよね。ほら、一番身近な頼れる存在、みたいな?」

岐阜は岐阜市、伊奈波神社界隈で繰り広げられるほっこり不思議な日常系ファンタジー。

和カフェ『ふなば』、開店です。
24hポイント 21pt
小説 14,689 位 / 77,132件 キャラ文芸 165 位 / 1,867件