神様憑き少女は琥珀を見て微笑む

数万人に1人の確率で神様憑きが産まれる世界にて​───────1人の少女が生を受けた。

特徴のある赤あざを持つことから、少女は神様憑きの子供だと思われた。
だが……少女に神様は来ない。

また、少女はある事件により死の呪いを宿してしまう。

神に愛されず、呪いを受けた少女が前世を思い出すとき​───────全ての謎が解き明かされる。

これは、出逢の物語ではない。

​───────これは、再会の物語だ。

24hポイント 7pt
小説 16,098 位 / 63,732件 恋愛 5,713 位 / 15,896件