孤独な一番星

お前でダメなら仕方ない――最後にそう思えたんだから,幸せな高校野球生活だったよ


 高校に入学した捕手・花園彩努(はなぞのさいど)は,そこで投手・四宮純(しのみやじゅん)と出会う。純の投げる球を初めて目にしたとき,彩努はこれまで意識したことのなかった「甲子園」を意識するようになった。
 一年生時から頭角を現す純に率いられ,チームの成績は順調に良くなっていった。しかし次第に,純がチームから孤立していく。その原因は純自身にあるのか,それともチームメイトにあるのか。そして彩努は……。
24hポイント 0pt
小説 65,993 位 / 65,993件 ライト文芸 2,520 位 / 2,520件