マジョとコドモと魔法の大鍋

魔界と人間界が共存する世界、身寄りもなく男娼として生きてきた少年は、ある日の夜明け前、大鍋を担いだ魔女に出会う。少年の暮らす歓楽街では連日、《朝焼けの悪魔》と呼ばれる怪現象が起きていた。

自身をヒラ魔女と呼ぶユルい魔女と、普通を知らない少年の、適当に流れる日々のお話。

*不定期更新
*他投稿サイトさんでも同じものを投稿しています
24hポイント 0pt
小説 63,575 位 / 63,575件 ファンタジー 19,929 位 / 19,929件