雨乞いの火種 ~双子の2人は瓜二つ、意中の男子はただ1人、なのに4人目が笑ってる~

アザミは初めて人を好きになった。だけど告白もせず、時だけが流れた。
片想いでいいなんて、思わない。ただ、勇気がなかったんだ。

最近じゃあ、欲しがり屋で自分のことしか考えてない双子の妹、スミレにまで後押しされる始末で。スミレが誰かのことを応援するなんて、ありえないはずなのに。

愛しの雨野くんは今日も通常運転。癒し系で奥手な彼は、本と勉強に夢中で、絶対に恋に恋したりはしないけど、最近はちょっぴりアザミが気になるみたいで。

ただでさえ、アザミはいっぱいいっぱいなのに、4人目の介入の予感までして、もうパンク寸前。

夏の恋はメラメラ燃えて、なにがどうなるやらさっぱりで、もう誰にも止められない。
24hポイント 0pt
小説 86,813 位 / 86,813件 恋愛 22,906 位 / 22,906件