追放ですか?それは残念です。最後までワインを作りたかったのですが。 ~新たな地でやり直します~

ワイン作りの統括責任者として、城内で勤めていたイラリアだったが、突然のクビ宣告を受けた。この恵まれた大地があれば、誰にでも出来る簡単な仕事だと酷評を受けてしまう。城を追われることになった彼女は、寂寞の思いを胸に新たな旅立ちを決意した。そんな彼女の後任は、まさかのクーラ。美貌だけでこの地位まで上り詰めた、ワイン作りの素人だ。
誰にでも出来る簡単な作業だと高を括っていたが、実のところ、イラリアは自らの研究成果を駆使して、とんでもない作業を行っていたのだ。
彼女が居なくなったことで、国は多大なる損害を被ることになりそうだ。

これは、お酒の神様に愛された女性と、彼女を取り巻く人物の群像劇。



24hポイント 63pt
小説 14,267 位 / 140,769件 ファンタジー 2,569 位 / 34,281件