聖剣士学院は黒き聖剣を認めない

聖国・ソルニナには、聖剣を持つ者のみが入れる学院がある。

白く輝く聖剣を持ち、悪を祓う聖剣士学院。鍛冶屋の息子、ソルア・ルージリアは育ててくれた親の為、学院に入り聖剣士になろうと考えた。

だが彼の持つ聖剣は黒く、他の聖剣使いから見下される始末。それでも彼には見返すほどの力があった。
24hポイント 21pt
小説 17,044 位 / 99,502件 ファンタジー 3,278 位 / 26,759件