人に優しくしただけで追放された伯爵令嬢の吸血鬼、何故か魔物ハンターに愛されています~最強吸血鬼の復讐に脅え後悔しても、もう遅い~

吸血鬼でありながら人間を助け、吸血鬼連盟から追放された令嬢、カース・エルカナ・ミューティクナ。

彼女は連盟から逃げる途中で吸血鬼退治を専門とする魔物ハンター・オリディンに出会い、何故か付き合ってくれと言われてしまう。

魔物ハンターの彼はいまいち信じられないが今は追放されてる身。仕方なく彼に協力し、魔物ハンターになるミューティクナ。

初めは距離を取っていたミューティクナだが、そんな私に何故か溺愛してくるオリディン。

彼のひたむきな姿を愛し護りたいと思ったミューティクナだが、彼女の力は吸血鬼の力。

他の魔物ハンターに見せる訳にはいかないが、吸血鬼連盟は迫ってきている。

自身の力を解放するか生き抜く為に隠すか悩むミューティクナは、はたして彼を信じ連盟を破壊できるのか?
24hポイント 35pt
小説 14,776 位 / 99,833件 恋愛 6,262 位 / 27,842件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!