ずっと好きだった女の子に罰ゲームで告白されたので、復讐しようと誓って垢抜けしたら逆に言い寄られるようになったんだが。

 中学3年の冬、受験前で誰もが受験勉強に明け暮れるとき僕、酒井祐希はずっと好きだった女の子に罰ゲームで告白された。

 その女の子の名前は、宮崎葵。
 宮崎は学校内でカースト上位のギャルで容姿端麗、スタイル抜群。
 そのため学校の中でもかなりの人気者だ。

 そんな好きな人から罰ゲームで告白されるだけでも辛いのに、それに加えて悪口まで言われたのだ。
 こんなの許していいはずがない。

 そう、僕はこの瞬間、彼女宮崎葵への復讐を誓った。

 復讐としての最終段階は‴垢抜けして、宮崎よりも人気者となり、あわよくば宮崎を惚れさせ、盛大に振る‴こと。

 だがその復讐の最終段階はあっさりと大成功してしまう。
 そんな軽薄で、顔が良ければ誰にでも付いていきそうな宮崎だが、何故か一度告白を断っただけじゃ心が折れずに何度も告白をしてくる。

 一体僕はこれからどうすればいいのやら……

 ざまぁ系に思わせてざまぁ系ではない青春ラブコメここに開幕!


※小説家になろう、カクヨム、ノベルアッププラスにも掲載しています
24hポイント 7pt
小説 26,748 位 / 121,748件 恋愛 11,217 位 / 34,237件