公爵様。貴方様は本当に、あの日わたしを助けてくれた王子様なのですか……?

 わたしには10年間待ち続けている、大好きな人がいました。

 その人はかつて隣国で迷子になってしまった際に、優しく助けてくれた男の子。わたしはその時に恋をして、幸せなことにその子もわたしを好きになってくれたんです。
 でもその人は何かしらの理由で今は名前と身分を明かせず、その上20歳になるまでは――10年経つまでは、もう会えないと仰られました。
 ですのでわたし達は10年後の再会を約束し、今日がその日。迎えに来てくれる王子様をドキドキしながら待っていると、なんと筆頭公爵家の現当主様であるアルチュール様がいらっしゃったのです。

 この方が、あの日の王子様。やっとお会いできて、嬉しい。
 ……そう、思っていたのですが――。暫くすると、違和感を覚えるようになりました……。
 アルチュール様。貴方様は本当に、あの日わたしを助けてくれた王子様なのですか?

24hポイント 298pt
小説 4,525 位 / 125,010件 恋愛 2,016 位 / 35,713件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

【完結】魔女は、千年の眠りについた……筈だった

恋愛 / 完結 24h.ポイント:63pt お気に入り:397

【完結】おかしな婚約破棄の結末は‥!?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:418pt お気に入り:1257

婚約者の姉を婚約者にしろと言われたので独立します!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:61212pt お気に入り:4492

婚約破棄ですね。これでざまぁが出来るのね

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5880pt お気に入り:4063

殿下、私たちはもう終わったんですよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:14647pt お気に入り:7287