おにぎり横丁


 とある田舎、そこには、数々の思いが詰まったおにぎり屋さんがあった。その名はおにぎり横丁。

 路地を抜けるとひっそりと構えるおにぎり横丁。恐る恐る入ると、そこには数々のおにぎりが。店を経営するお祖母ちゃんに、試しに1つ、注文すると、とても美味しそうなおにぎりが。味は見た目を越える美味であり、すっかりおにぎり横丁に魅了される。

 ストレスばかりの仕事を辞め、無職となった主人公森下 楓は、おにぎり横丁を思い出し、おにぎり横丁へまた向かう。おにぎり横丁での美味しいおにぎりと、優しいお祖母ちゃんの励ましにより、ストレスは徐々に無くなってきたのであった。

 森下が無職だと知ったお祖母ちゃんは、ここで働かないかという提案を出し、森下はその提案に甘え、おにぎり横丁の店員となる。

 美味しいおにぎりと想いを抱える人々を結ぶ暖かい物語<ストーリー>。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 キャラ文芸 2,635 位 / 2,635件