剣姫

 宮本武蔵以来の天才と称され、平成の沖田総司の異名を持つ鳴神あさぎは高校で剣道部顧問を務めていた。
 その、あさぎが弟子である神崎を、神崎の恋人の彩宮鈴香を連れて、早朝の剣道部道場に呼び寄せた。
 鳴神あさぎは真剣での立ち会いを神崎に申し入れるのだった。
24hポイント 0pt
小説 21,768 位 / 21,768件 キャラ文芸 230 位 / 230件