部屋とギターと娘と……

城島健太郎はギタリストを目指していたが、極度の上がり症のためにコンクールの入賞を果たせず、浄書講座の講師として、糊口をしのいでいた。出張ギタリストとして少人数の前でのみ演奏を披露していたが、友人が安価で買ってきたギターは実は世界最高のギター製作家の作品だった。そしてそのギターには死んだはずの製作家の霊がついていた。
24hポイント 28pt
小説 12,249 位 / 77,447件 ライト文芸 295 位 / 3,610件