囚われの男

十五で全ての記憶を失ったせいで、啓介は自宅に幽閉されている。啓介が二十を迎えた春、二人の兄によって恋人のように体と心を深く愛された。なにも不思議に思うことなく兄との関係は続いたが、軟禁生活に飽きてきた。
ある日、庭から通じる地下室に消えて行く父の姿を見て、啓介も後を追う。地下室の階段を下りると、ガラスケースの棺に横たわる男性を発見した。まるで〈死んだような〉男性の世話を、医師の父が大事そうにするので、どうやら男性は父と深い関係があるようだ。
※男女の性行為、性暴力、無理矢理、暴力描写があります。
24hポイント 106pt
小説 9,769 位 / 144,569件 BL 2,008 位 / 16,487件