ダイスカップ(神のコップ)を持ったまま転移(再構築)しちゃった?

僕は平高 章介(ひらたか しょうすけ)20歳。
山奥にある工場に勤めています。

仕事が終わって車で帰宅途中、突然地震が起こって、気が付けば見知らぬ場所、目の前に何やら机を囲んでいる4人の人・・・・?
僕を見つけて手招きしてきます。

う、酒臭い。

「おうおうあんちゃんすまんな!一寸床に酒こぼしちまってよ!取ろうとしたらよ、一寸こけちまってさ。」
「こけた?!父上は豪快にすっころんでおった!うはははは!」

何でしょう?マージャン?
「ちょっとその男の子面くらってるでしょ?第一その子あんたのミスでここにいるの!何とかしなさいね!」
髪の毛短いし、男の姿だけど、この人女性ですね。

「そういう訳であんちゃん、さっき揺れただろ?」
「え?地震かと。」
「あれな、そっちに酒瓶落としてよ、その時にあんちゃん死んだんだよ。」
え?何それ?

「ごめんなさい。私も見たけど、もうぐちゃぐちゃで生き返れないの。」
「あの言ってる意味が分かりません。」

今まで喋らなかった最後の一人が・・・・
「なあ、こいつ俺の世界に貰っていい?」
「ちょっと待て、こいつはワシの管轄じゃ!勝手は駄目じゃ!」
「負け越してるだろ?こいつ連れてくから少し負け減らしてやるよ。」
「まじか!いやでもなあ。」
「ねえ、じゃあさ、もうこの子死んでるんだし、あっちの世界でさ、体再構築してどれだけ生きるか賭けしない?」
「何!賭けじゃと!よっしゃ乗った!こいつは譲ろう。」
「じゃあさレートは?賭けって年単位でいい?最初の1年持たないか、5年、10年?それとも3日持たない?」
僕は勝手にこの人達の賭けの対象になったようです。
「あの、僕に色々な選択肢はないのでしょうか?」
「あ、そうね、あいつのミスだからねえ。何か希望ある?」
「希望も何も僕は何処へ行くのですか?」
「そうねえ、所謂異世界よ?一寸あいつの管理してる世界の魔素が不安定でね。魔法の元と言ったら分かる?」
僕は所謂異世界に向かうのでしょうか?
「色々突っ込みどころはありますが、僕はこの姿ですか?」
「一応はね。それとね、向こうで生まれ育ったのと同じように、あっちの常識や言葉は分かるから。」
「その僕、その人のミスでこうなったんですよね?なら何か物とか・・・・異世界ならスキル?能力ですか?何かもらえませんか?」
「あんた生き返るのに何贅沢をってそうねえ・・・・」

「一寸待て!ダイスで向こうの年齢や渡す数を決めようではないか!」

何ですかそれ?どうやら僕は異世界で生まれ変わるようです。しかもダイス?意味不明です。


その後僕はダイスを振るのに使ったコップを持ったまま転移したようです。
そのコップと言うのが・・・・
24hポイント 198pt
小説 5,034 位 / 86,789件 ファンタジー 1,248 位 / 24,841件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

余りモノ異世界人の自由生活~じゃあ脱社畜で勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:60209pt お気に入り:7813

実家から絶縁されたので好きに生きたいと思います

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:147652pt お気に入り:2895

いずれ最強の錬金術師?

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:23706pt お気に入り:32140

縦ロールをやめたら愛されました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:100963pt お気に入り:6245

契約獣が怖いと婚約破棄を受けるも、どうやら神獣のようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:130896pt お気に入り:6981

追放王子の異世界開拓!~魔法と魔道具で、辺境領地でシコシコ内政します

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:15356pt お気に入り:2858

うまく笑えない君へと捧ぐ

BL / 完結 24h.ポイント:2351pt お気に入り:305