若い狐と淫らな狸

人も近寄らない朽ちかけた神社に棲みついていた若い狐が、ある日、黒目黒髪の狸に目をつけられる。悪食で淫乱だと自らを称する狸は、真っさらな狐をおいしくいただくのだが……。※他サイトにも掲載
[童貞の色無し妖狐 × 淫乱な妖狸 / BL / R18]
長らくタイトルのフレーズが頭から離れず、どうにも消えてくれず、それならいっそアウトプットしてしまおうと思い立ってしまいました。お察しのとおりです。生ぬるい目でお楽しみいただければ幸いです。
24hポイント 35pt
小説 18,682 位 / 148,356件 BL 3,945 位 / 17,062件