フロル・ネージュの街の歌

おとぎ話は壊れてしまった。
魔法は解けて、残ったのは惨めなドレス。
そこに現れた美しい男は王子様どころか、わたしの目の前で冬の池に飛び込もうとした。

十六歳、初冬。
人生を賭けてきた夢に破れて自分を見失い、失意の中過ごしてきたユキの日常が、入水自殺しようとした美しい青年を止めた時から変わりはじめた。
舞台の上の物語は、すべてが本物。夢も魔法も、真実の愛も決して嘘じゃない。でも現実は違う。そう思っていた。だけど……。

”何か”を知って、少女はおとなになる。
昔々から語られてきた「おとぎ話」のように。

「カクヨム」「小説家になろう」に同時掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 50,922 位 / 50,922件 恋愛 12,108 位 / 12,108件