領主探偵クレセアの事件簿

舞台は架空大陸・アルカディア──。

どこまでも続く果てしない広漠な大州に、世界規模で謎が渦巻くその土地は五人の領主たちが各領土を統括していた。

その名高き領地のひとつ。
大陸西部を領土とするグレンシア領の若き女性領主、クレセア・旭・エレシュキガルのもとに奇妙な噂が耳に刺激する。


毎夜、闇に紛れて人々が失踪を繰り返す奇妙な村がある、と……。
その真相を探るべく、クレセアは従者であるハインリッヒ=ルーデルクと共に──通称、殺人村タリエットに向かったのだった。
24hポイント 0pt
小説 59,006 位 / 59,006件 ミステリー 1,526 位 / 1,526件