真夜中チャイム

 とある小学校でこんな噂が広がっていた。

 『深夜の学校では何故かチャイムが鳴り響く』

 好奇心旺盛の小学生達はこんな噂を聞けば真相を確かめるべく、学校へ忍び込まないはずがない。
 通称"真夜中チャイム"と呼ばれる噂を調べる為、深夜の学校へ忍び込んだのは小学六年生の三人。

 彼らは忍び込んだ教室で、本当にチャイムが鳴り響いたのを耳にした。
 ノイズ混じりの不協和音なチャイムを耳にして怯えてしまった三人は帰ろうとしたが、忍び込んだ時に開いていた窓は何故か閉じており、鍵が掛かっていないにも関わらず、窓は開かない。
 窓は強固になっており壊す事も出来ず、こうして彼らは闇が覆う学校に閉じ込められてしまった。

 そして、彼らは校内で人ではない何者かの影を見る。
24hポイント 0pt
小説 44,845 位 / 44,845件 ホラー 1,653 位 / 1,653件