美貌の文官様の溺愛〜私はお飾りの妻ということでは!?〜

ローラ・デイヴィス子爵令嬢は、実家の家計を助ける為に王宮でメイドとして働いている。

仕事に邁進していた彼女は、22歳になり、行き遅れと呼ばれる年齢になっていた。

そんな彼女を心配した王太子妃が彼女の為に縁談を用意する。

お見合い当日、ローラの相手として現れた男性はアルバート・シーモア伯爵令息。

彼は伯爵家の跡取りで美男、しかも王太子の優秀な右腕である為、王宮の未婚女性の中では優良物件として大人気の男性でいつも女性から追い掛け回されている。

そんな大人気の男性がいくら王太子妃からの声掛けであっても自分と結婚する気なんてないだろうと思ったローラだが、アルバートはこの縁談を進めるつもりでいた。

曰く、いつも女性に追いかけ回されてしんどいので、結婚して欲しいとのこと。

ローラはそれに納得し、彼のお飾りの妻になるのだろうと承諾したが、アルバートの方は彼女をお飾りの妻ではなく本気で妻として思っていて――。
24hポイント 234pt
小説 6,282 位 / 140,561件 恋愛 3,006 位 / 43,523件