「海線丘線」のコンテンツを見ている人は他に…

黄色い電車の十号車のPartition。その一枚を挟むだけの距離にボードは要らない。何かあったらノックすればいいのである。
24hポイント 16pt
小説 1,564 位 / 18,409件 現代文学 16 位 / 659件
全国の鉄道駅の乗り降り記録を綴ります。 関連書籍:「鉄道クイズシリーズ『駅Q』」(実業之日本社)
24hポイント 17pt
ブログ 331 位 / 4,692件 ブログ 30 位 / 498件
恋愛 連載中 長編 R15
ここは、魔道師と騎士が采配を振るう王国の森の近く、平民であるしがない宿屋の娘、フロルは、家業を手伝いながら質素な生活を送っていた。7才から成長が止ってしまったフロルは、本当は今年16才。子供体型のまま宿の手伝いをしていただけのはずだったのに、なんと最強の魔獣であり、飼うことが禁じられている子竜に懐かれてしまった。追い払っても追い払ってもフロルの元に帰ってくる銀竜を匿うことになってしまったことがきっかけで、国の一大事に巻き込まれることに!  なろう様でも投稿しています。アルファポリス様で、ストーリーは先行しますが、なろう様では追加で小話を掲載する予定です。
24hポイント 53,016pt
小説 24 位 / 29,697件 恋愛 6 位 / 7,115件
文字数 67,045 最終更新日 2018.06.20 登録日 2018.04.25
恋愛 完結 長編 R15
“幸福”ってやつがどんな色をしているのか、どんなカタチをしているのか、どんな匂いがするのか、俺はずっと知らなかった。 あったかくて優しくてふわふわしてるそれを教えてくれたのは、 お月さまみたいに柔らかで優しい姉ちゃんと、夜の闇のみたいに静かでカッコいいボスだった。 裏社会を牛耳る『夜闇の侯爵』夫妻に拾われた男の子と彼を取り巻く大人たちの物語。 番外編は大人たちがいちゃいちゃしてます。 『始まりの記憶』『追憶に沈む』はボスと姉ちゃんの出会いのお話です。 アメブロ(削除済み)からの転載です。
24hポイント 0pt
小説 29,697 位 / 29,697件 恋愛 7,115 位 / 7,115件
文字数 64,259 最終更新日 2017.03.30 登録日 2017.03.01
【カドカワBOOKSから書籍版の刊行が決定しました!11月10日発売予定です。】  事故で死亡したらしく、異世界「迷宮国」に転生することになったアリヒト=アトベは、転移先に出る際案内役と名乗る女性から「探索者の札」を渡される。転移者は全員が迷宮探索者となり、それ以外の生き方を許されないという少々ブラックな世界であると知ったアリヒトは、とりあえず探索者のならわしに従って、札に希望する職業を書くことに。適性があればその職業に就くことができるというのだが、アリヒトは「優秀な後衛が不足している」という話を聞いて、職業欄にそのまま「後衛」と書いてしまう。魔法使いでも射手でもない、迷宮国に今まで存在しなかった職業「後衛」に就くことができてしまったアリヒトは、色々と試しながら「後衛」という職業の持つスキルの有用性、応用性を発見し、理想のパーティメンバーたちを見つけて、探索者の序列を駆け上がっていく。
24hポイント 5,298pt
小説 16 位 / 18,409件 ファンタジー 11 位 / 6,753件
東京23区のちょっとしたシーンをご紹介します。 「東京百景」「続 東京百景」に続く小品集です。
24hポイント 12pt
ブログ 382 位 / 4,692件 ブログ 36 位 / 498件
恋愛 完結 長編 R18
それは二十代も後半を過ぎた、春のこと。職場の飲み会の帰途、以前付き合っていた同僚に未だ恋人がいない事を揶揄され執拗に絡まれていた所へ、突然現れて助けてくれたのは、地元を離れて久しい中学時代の吹奏楽部の同期男子だった。『だったら俺を遠恋の彼氏って事にしておけ』国内外を忙しく飛び回る彼と、ほぼ毎日メールを交わし続けて十年余り。この春、久々に再会した彼が口にした新たな提案は…。
24hポイント 15pt
小説 1,625 位 / 18,409件 恋愛 689 位 / 5,029件
恋愛 連載中 長編
出会った時から傲慢で 女たらしで。 なのに 何年も経った今 何故見合いの席にいるの? 高校生のあの日 「私は恋愛しない。将来 お見合い結婚するから。」 そう送ったメッセージに 「じゃあそれまで絶体彼氏作るなよ。」 って。 一瞬で 引き戻す 酷い人。
24hポイント 4,252pt
小説 233 位 / 29,697件 恋愛 73 位 / 7,115件
文字数 116,960 最終更新日 2018.06.21 登録日 2018.03.16
ファンタジー 連載中 長編 R15
とあるところに勇者6人のパーティがいました 剛剣の勇者 静寂の勇者 城砦の勇者 火炎の勇者 御門の勇者 解体の勇者 最後の解体の勇者は訳の分からない神様に呼ばれてこの世界へと来た者であり取り立てて特徴らしき特徴などありません。ただひたすら倒したモンスターを解体するだけしかしません。料理などをするのも彼だけです。 ある日パーティ全員からパーティへの永久追放を受けてしまい勇者の称号も失い一人ギルドに戻り最初からの出直しをします 本人はまったく気づいていませんでしたが他の勇者などちょっとばかり煽てられている頭馬鹿なだけの非常に残念な類なだけでした そして彼を追い出したことがいかに愚かであるのかを後になって気が付くことになります そしてユウキと呼ばれるこの人物はまったく自覚がありませんが様々な方面の超重要人物が自らが頭を下げてまでも、いくら大金を支払っても、いくらでも高待遇を約束してまでも傍におきたいと断言するほどの人物なのです。 そうして彼は自分の力で前を歩きだします
24hポイント 124,059pt
小説 1 位 / 29,697件 ファンタジー 1 位 / 10,751件
文字数 100,129 最終更新日 2018.06.20 登録日 2018.06.02
アリスがセティス公爵家のパーティーで出会ったのは、老公爵の孫――セラ侯爵家の兄妹だった。
24hポイント 14,535pt
小説 4 位 / 18,409件 ファンタジー 4 位 / 6,753件