katharsis〜カタルシス~

目標を見失い、生きる意味が分からなくなった主人公、中川ユウは、あるきっかけで探偵事務所で働く事になる。
パートナーの杉田亮二に振り回されながらも、彼の自信を持った生き方に、改めて自分を省みる。
人は、何を目的として、生きる事を楽しいと思う事が出来るのだろうか。

彼らが集まるカクテルバーで、彼らが飲む物は、彼らを映し出す意味のあるカクテルだ。
蒸留酒はラテン語で『アクアヴィッテ』生命の水という。

『心が渇き過ぎちまった。ただの水じゃ足りないんだ』

過去に重い何かを抱えた亮二は、その渇きを癒す為、ウォッカを飲み続ける。
無色透明のその『水』に、ユウは色をつけてあげられるのか……?
24hポイント 200pt
小説 3,659 位 / 65,813件 ライト文芸 57 位 / 2,489件