あふれた涙は、いつか永遠の幸せを呼ぶから。

大学受験を控えた洸の隣の席は、学年首位の優等生の姫花だったが、彼女は事件を起こしたため停学とウワサになっていた。
それから1週間後、登校してきた彼女はなんと不良少女に一変。
最初は洸にとって鼻につく存在だった姫花だけど、彼女のことを知るたびに心を開いていき、次第に惹かれていく。
卒業式に自分の気持ちを伝えようと決心する洸。
しかし、そこには、誰も予想だにしない結末が待っていたーー。
24hポイント 0pt
小説 87,337 位 / 87,337件 ライト文芸 3,755 位 / 3,755件