毒蛾と花

「辛一郎」という不名誉な名前を授かったある少年は、毎日のように暴行と窃盗を繰り返しては、牢に叩き込まれるという暗い日々を繰り返していた。

だが暴行といっても、彼のその拳には正義があった。

窃盗は、身寄りもなく働き口のない彼は、しなくては生きてはいけない。

誰も、彼を理解しようとはしてくれなかった。

ある日、とうとう自暴自棄になった少年はフラフラと歩いてある店に入っていく。


そこで、彼の運命は変わることになるのだ。
24hポイント 0pt
小説 101,529 位 / 101,529件 恋愛 27,772 位 / 27,772件