咬牙忍法帖

 寛文四年、南部盛岡藩二代藩主南部重直死去。その死は盛岡藩に大きなお家騒動をもたらした。
 事態を収めるため、盛岡藩と、そこから分裂した八戸藩は、それぞれに牙忍と呼ばれる忍者犬を五十匹ずつ集め、互いに戦わせることで、どちらが主導権を握るかを決めることにした。
 盛岡城の中庭で、今、百匹の壮絶な殺し合いが始まる。
24hポイント 0pt
小説 79,468 位 / 79,468件 歴史・時代 1,098 位 / 1,098件