だけど、僕にはみりょくがない

いつのまにかスマートフォンにインストールされていた不思議なアプリ「冒険の手引」。
所有者の身体能力を数値化していると思わしきそのアプリのおかげで、暗い不細工高校生こと「柴本ミノル」は超人的な身体能力を手に入れた。

今や「ちから」も「すばやさ」も「たいりょく」も「かしこさ」も、規格外レベル。
だけど、悲しいことに彼のコンプレックスである「みりょく」は、レベルゼロのままだった。

これは、超人的な能力を手に入れた高校生の淡い恋のものがたり。
24hポイント 14pt
小説 4,879 位 / 20,686件 ライト文芸 28 位 / 166件